ビットコイン取引所

ビットコイン取引所とは

ビットコイン取引所とはどのようなところかというと、株に例えて言うと売買取引を行うための証券会社ということになります。

実際にビットコインを買ったり売ったりすることができる場所です。

取引所ではビットコインを買いたい人と売りたい人がお互いに希望の売り値・買い値を出し合って、一致したら売買が成立するという形になります。

ビットコイン取引所 売買

例えば、つい先ほど買118,000円で約定しているのですが、これは118,000円で待っていた売り方の人に、買い方の人がその値段でどうぞ売ってくださいとなった結果です。

逆に、少し下のほうにある売117,901円というのは、これは117,901円で待っていた買い方の人に、売り方の人がその値段でどうぞ買ってくださいとなった結果です。

どうぞ買ってくださいと、売りが先行すれば値段は下がっていく傾向にあって、売ってくださいと買いが先行すれば値段は上がっていくことになります。

今現在としては、ビットコインのチャートは相当な右肩上がりで上がっているので、買いたい人が売ってくださいとたくさん並んでいるという状態ですね。

取引所チャート

こちらのチャートは、coincheckという取引所で誰でも見れるチャートになっています。

coincheck取引所の紹介はこちら

coincheckのチャートはワンクリックで5分足・15分足・1時間足・4時間足と切り替えて確認することができるので、なかなか便利です。取引所では、こういった感じでビットコインの売買を行うための情報も用意されているので、しっかり活用していきたいですね。

さて、実はビットコインを買うところは取引所以外にもあります。

ビットコイン取引所と販売所

今度は別のビットコイン取引所である bitFlyer を見てみましょう。

bitFlyer取引所の紹介はこちら

取引所と販売所

アカウントを作成してログインしてみると、サイドバーのところにビットコイン販売所というものがあるのがわかります。

更に、現時点でのビットコインの購入価格売却価格というものがあります。

このビットコイン販売所でもビットコインを買うことができるのですが、さきほどの取引所では買いたい人と売りたい人がお互いに値段を決め合うのとは違い、販売所がその時々で売値・買値を決めているのです。

取引所のように、買いたい人は希望の値段で売ってくれる人を待つことなく、販売所ではすぐに買うことができますし、逆にすぐに売ることも可能です。

ですが、販売所では売り買いで差を作ることで運営利益を上げています。

これは金を街の貴金属店に売りに行くことを考えるとしっくりきます。貴金属店では一定の手数料を取って金を買い取ったり売ったりして利益を出します。

ビットコイン販売所は、街の貴金属店と同じような感じということです。なので、私達から見ると買う値段は売る値段よりも少し高くなっているのです。

しかも大抵は販売所でビットコインを買える値段は、取引所で売買が成立している金額よりも少し高く設定されているので、値段だけを見ると取引所でビットコインの売買を行ったほうがいいように見えます。

ただし、少しでも安くビットコインを買いたいと思っていても、今のように大きく右肩上がりなときは取引所ではなかなか値段が下がってきてくれることもありません。

手っ取り早くビットコインを買いたかったり、ドルコスト平均法で長期投資という目線ならば、販売所で買ってしまうという選択肢もありだと思います。

ドルコスト平均法でビットコインを積み立てる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です