ビットコインウォレットとは

ビットコインのことを少し調べてみるとウォレットという言葉が出てくると思います。このウォレットとは何だとなるのですが、その言葉の通りでビットコインのお財布になります。

ただし、ビットコインは物理的には存在しなくてデータだけの存在なので、イメージとしてはスマホにビットコインのお財布機能を付けたような感じでしょうか。

bitcoin_wallet

ビットコインウォレットのいろいろ

実はビットコインを扱う場合にはウォレットは1種類だけではありません。自分たち個人用に持てるウォレットもあれば、取引所内部でのウォレットもあります。

ここで気をつけていきたいのは、例えば先に紹介しているコインチェックやビットフライヤーというようなビットコイン取引所で表現されているウォレットは自分専用のものでもあるのですが、それらビットコイン取引所のシステムの中にあるウォレットだということです。

ビットコイン取引所とは

取引所へログインするとその取引所内のウォレットには自分のビットコインの状況しか見えないので、あたかも自分専用のもののように見えるのですが、管理しているのは取引所だといいうことになります。

ですので、もしもその取引所が破綻するというようなことになったり、あるいはハッキングされてビットコインが盗まれるというような事が起きたときには、自分のビットコインも一緒になくなってしまう危険性があるということです。

例えばFX業界では、全世界で見るとしょっちゅう取引業者が破綻して消えていってしまったりしています。日本国内の業者ですら破綻してなくなった業者もあります。

ビットコインという仮想通貨はまだまだ歴史の浅い業界になります。いつビットコイン取引業者が潰れてしまったりというような事件が起きてもおかしくありません。

自分専用のビットコインウォレット

例え自分がビットコインの売買を行っている取引所の業者が潰れてしまうような時でも、自分がそれまでに得たビットコインはしっかりと自分専用のウォレットに保管しておくようにしておくクセをつけておくことをおすすめします。

個人のビットコインウォレット用のシステムもいろいろあるのですが、おすすめは何と言ってもビットコイン創始者であるブロックチェーンのウォレットです。

ブロックチェーン ウォレット

ぜひ個人用にブロックチェーンでウォレットを作ってビットコインをしまっておきましょう。近い将来にはビットコインが日常生活でも使われるようになってくるでしょうから、アイフォンやアンドロイドのブロックチェーンウォレットアプリでビットコインの操作を出来るようになっておけるようにしていくといいと思います。

今はごくわずかな実店舗でしかビットコインでの支払いなどは普及していませんが、近く大手通販でもビットコイン支払いが可能になってくるはずです。

売買する時以外は自分専用のウォレットにしっかりとセキュリティーをかけて大事にしまっておくという習慣を持っておくと、便利になったときにすぐに利用できるといいですね。

また近く、ブロックチェーンウォレットの作り方や使い方を記事にしていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です