2027年までに1BTCが1000万円になるというアナリストの予想

5月25日から28日くらいにかけて荒々しい調整を済ませた感のあるビットコインは、1週間たって調整前の30万円をしっかりと上抜けしてきました。

20170609ビットコインチャート

35万円を抜けていく時には、次のいったんの天井(節目)はいくらなのかと意識されるのは、やはり50万円でしょうか。

個人的には今年は30万円くらいで終了ではないかなと年始くらいには予想していましたが、50万円以上もありえる雰囲気ですね。完全にビットコインは仮想通貨の基軸通貨としての役割を担ってきているようです。

さて、そうなると今後は果たしてどれくらいの上昇をいつまでに果たしていくのだろうかという年単位・10年でのおおまかな目安が気になってきますが、去年のビットコイン価格を見事に予想したSaxoBankのアナリストは改めてこう予想しました。

ビットコインは今後10年間(2027年まで)で10万ドル相当になる可能性がある。

CNBCの該当ニュース記事はこちら

すごいですよね。10万ドルって、1ドル=100円で計算すると、日本円では1000万円ということです。

なぜ2027年を目安に予想しているかというと、2027年にはビットコインのマイニングが完了する年だからということです。今現在1BTCが30万円ですが、つまりは10年後には33倍になる可能性があるわけです。

以前、ドルコスト平均法でビットコインを積み立てていく方法やbitFlyerLightningのジグザグと平均足を使って買い増しするタイミングをはかる方法ををご紹介してます。

ドルコスト平均法でビットコインを積み立てる

bitFlyerLightningのチャート機能を利用した買い増し

こういった簡単な方法で買い増ししていくもよし、楽天の買い物などでもらえるビットコインをコツコツコツコツと貯めていくもよし。

ビットコインの増やし方

目先10年は、ビットコインは買い目線で突き進んでいって良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です