ビットコイン対応店が急増 日経新聞 2017年1月24日朝刊

ビットコイン対応店が急増 日経新聞 2017年1月24日朝刊

1月24日付の日経新聞煮、ビットコインで支払が出来る店舗が急増しているとの記事が。

2016年末の時点で、ビットコインを支払に使える店は約4200箇所、これでも前年比の4.5倍もの伸びで、更に2017年度は5倍の2万箇所にもなると予想しているそうです。

各店舗にすれば、クレジットカード払いの手数料に比べると、手数料がかなり安くなるため、ビットコインが一般的になるほど店側にはメリットは沢山あるということです。

オリンピック開催とビットコイン

オリンピックに向けては、当然、外国人が沢山やってくると予想され、外国人がビットコインを使う事は充分に考えられる訳です。特に中国は、人民元の不安からビットコインを買い求める方が多く、対応を迫られている訳です。

購入時にかかる消費税の負担が軽くなったり、法整備は今後、さらに進むと予想され、ますます目が離せません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です