bitFlyerLightningのチャート機能が優秀

ビットフライヤーがビットコインFXトレーダー向けに提供しているbitFlyerLightningシステムのチャート機能がなかなか優秀です。

bitflyerlightning

ビットフライヤーの管理画面からサイドバーメニューにあるbitFlyerLightningをクリックすると、上のようなチャート表示を含んだ画面になりますが、赤色の枠で囲んだところをクリックするとチャートの部分だけ画面いっぱいに広げて表示できます。

さらに、オレンジ色の枠で囲んだ部分にある設定マークをクリックするとチャートに表示できる色々なインジケーター(MT4風に言うとですね)があるのがわかります。

移動平均線やMACD・RSIといったものや、パラボリック・一目均衡表・ボリンジャーバンドなんかもあります。

bitflyerlightning

チャートの時間足は1分・3分・5分・15分・30分・1時間・2時間・4時間・6時間・12時間・1日・3日・1週間で表示することができます。(個人的には8時間が無いのがちょっと残念です。)

これだけの設定ができれば、短時間でたくさん売買を行う人でもじゅうぶん活用できるレベルではないでしょうか。

また、長期的にビットコインを持とうという方にとっても、いくつかの設定を活用するだけで比較的に安いところで買い増ししていくことが可能かなと思います。

次回の記事でそのやり方をご紹介しますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です