ビットコインのセキュリティ問題

ビットコインのセキュリティ対策

bitcoin_wallet

ビットコインに限らず、仮想通貨を実際に使い始めて改めて思ったことが、自分の資産は自分で守らなければならない、ということです。

これは、相場の上げ下げでの自分の損得を守るということではありません。

例えば、クレジットカード情報を取られても、万が一不正利用があった際には、クレジット会社が保証してくれる訳ですが、ビットコインを始めとする仮想通貨はそうはいきません。

自分の財布の中にある現金は自分で守らないといけないのと同じように、ネット上にある自分の財布から、財布をすられるように、ネット上からある日突然抜かれてしまったり、、、

ある意味本当に自分の資産は自分で守るという必要性が発生したのです。

 

実際にどのような危険が潜んでいるのかを紹介していきます。これらはしっかりと、例えば2段階認証などを興じることですべての攻撃から守ることが出来るといわれています。

 

サイトフィッシング

ビットコインのセキュリティ

フィッシング詐欺などとも呼ばれているもので、偽のホームページに接続させたりして、クレジットカード番号やアカウント情報などを盗み出す行為をいいます。

例えば、偽の銀行サイトに誘導してログイン情報を求められうっかり入力などすると、情報がすべて盗み出されてしまうわけです。盗まれた情報は、直ぐ様に貴方の管理画面へ入られパスワードなどを書き変えられてしまい、一環の終わりです。

メールでフィッシングサイトに誘導されたり、SNSなど年々その手口は巧妙になり、素人では見分けがつかないほどになっているのです。

ビットコイン関係でいうと、bitregion(ビットリージョン)の偽サイトは有名で、被害にあった方は少なくないと聞きます。

 

偽アプリ

サイトフィッシングと同様に、偽アプリというものをインストールさせて、情報を抜き出すという手口もあります。PCでもスマホでも、アプリのダウンロードは信頼出来るサイトからということを徹底するようにしましょう。

 

Wifiからハッキング

Wifiからハッキング

セキュリティの弱いフリーの Wi-Fi を設置して、そこからスマホに入り情報を盗み出すという手口があります。

昨今のスマホの中には、重要な情報が詰まっていることが多く、注意が必要です。

無闇にフリーのWi-Fiに繋がない、外出時にはWi-Fi接続の設定をオフにしておき、勝手に接続されないようにするなどして防ぐことが大事です。

 

スマホの盗難

本体そのものよりも、スマホの中の情報を目当てでの盗難という被害もあります。

盗まれないようにという話ではありますが、本体だけではなく、スマホの各アプリにもパスワードを付けておくなどして対策しましょう。

 

ビットコインのウォレット

ビットコインのセキュリティ問題

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、保管したり、他人に送金するときにはウォレットと呼ばれる財布をあらかじめ作成しておく必要があります。

ウォレットは大きく分けて二つ、オンライン型とオフライン型があります。

オンラインウォレットの代表的なサービスでは Blockchain.info などが有名で、流石に大手だけあって、ウォレットがハッキングなどされないようにと二段階認証などアカウントをしっかりと守っていくシステムが組まれています。

が、もしも、ウォレットがハッキングされた場合はビットコインは簡単に盗まれてしまいますし、もっというと、ウォレットプロバイダーそのものがハッキングされても、自分のビットコインは盗まれてしまう場合があります。

これら、オンラインのウォレットを利用している方は、大金を預ける事はせずに、少額にとどめておくべき、自分の財布すべてを他人に委ねるのはどうかと、いうのが私の意見です。

対して、オフライン型のウォレットはインターネットにつながっていない場所に保管するウォレットです。

ウォレットを紙に印刷しておくペーパーウォレットなどがあり、ネットに繋がっていないため、一番安全といえば安全ですが、ペーパーウォレットを無くすことイコール、ビットコインの資産を完全になくしてしまうことになります。

ウォレットについてはまだまだこれから詳しく紹介していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です