ビットコインの危険

ビットコインは危険でリスクがあるのか?

ビットコインの危険

タイムリーな話題に遭遇しました。

今、私はビットコインを様々な方法で入手して増やすために、ビットコインの運用など、時間がある限り本やセミナーなどに参加して学んでいる訳ですが、ビットコインに対する意見を聞く機会に恵まれました。

皆さんが経営者です。私よりも一回り上ぐらいの、諸先輩方の集まりでの話だったのですが、ビットコインの話題になったのです。その内容は散々なもので、ビットコインというものがどれだけ危険な詐欺商品なのかという話題に終始しました。

結論からいうと、先日書いた マウントゴックス社の事件 など認識不足からくる誤解な部分も多いなという感想、そして、諸先輩方が指摘する「危険」という部分さえクリアすると、ビットコインはやはり、夢のある仮想通貨だなと感じたのです。

>>> マウントゴックス社の事件

 

ビットコインのここが危険 注目

ネットの世界には疎いと思っていた諸先輩方々ですが、よく知ってるなと感心したりするぐらいに、こんな話を囁かれました。

管理者が無い通貨、誰も保証してくれず、いざという時は泣き寝入りするしか無い。

話題になったマウントゴックス社の事件のことを指摘されているようでした。何度も書きますが、あれはビットコインのシステムが悪いのではなく、ビットコインを取り扱うマウントゴックスが引き起こした横領事件です。

確かにビットコイン自体が価値を持たなくなるという事があれば、あるいは大変なことになるかもしれませんが、これは円やドルとて同じこと、とまではいえないものの、そういったレベルの話だと思っています。

 

上げ下げが激しすぎる。たった数日で1万円の変動とか、これが相場だったりすると世界恐慌だ。

短期間を見ると相当な上げ下げは怖いと私も思いますが、運用が長くなれば確実に右肩上がりのチャートを確認することが出来ます。

こういう世界に「絶対」はありえないのは良く判りますが、先輩方の意見を見ると、ビットコインをとにかく否定している様にしか見えず、複雑です。

 

ビットコインを扱う日本の会社は、証券会社やFX口座では当たり前になっている「資産の分割管理」はされているのか?

一部のビットコイン取扱所では、資産の分割管理はスタートされています。資産の分割管理とは、会社の資産と顧客の資産を別々にして管理しなければ行けないという取り組みです。証券会社などでは、これは法律なので必ずやっていることですが、ビットコインの取扱所ではそうではありません。

FXの初期の頃に、こんな風な話題がよくあったことを記憶します。これに関しては、実際に資産の分割管理をしている取引所がある訳ですし、今後は改善されるでしょう。情報収集はしっかりとしつつ、最低限のリスクヘッジをしておくということでしょうか。

 

1000円分のビットコインを購入しても、幾ら使えるのか判らず、わざわざビットコインで支払いをする必要があるのかが疑問。

確かに、この面倒は否めないかもしれません。が、わざわざ買い増したりするのではなく、既にウォレットにあるビットコインを使えるというのは至極便利だとも思います。

支払い方法の1つとしてのビットコインとして捉えれば良く、スマホに入ったウォレットにあるビットコイン、クレジットカード、少々の現金があれば、街での買い物は事足りるという時代です。

 

送金が簡単過ぎる。

インターネットを使った送金というのは、何もビットコインだけではありません。既に多くの人がネットバンキングを使っての送金は日常の中にあるのでは無いでしょうか。

お尋ねすると、ネットバンキングなども使わないという方からのご指摘でした。こういうのはセキュリティをしっかりと掛けることで、安全なものになるのは間違いないと思います。

何と言っても、便利ですから。

 

反社会勢力に利用されている。

確かに、闇サイトと呼ばれる法的に問題のある取引に使われている例もあるそうで、1割がそういったものにあたるという話もあります。

が、これとて、例えば円やドルがそういった使い方をされる事は無いのでしょうか?絶対にそんな事はありませんよね?

世の中で動いている通貨のリスクというものだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です