ビットコインとライトコインとSegWit(セグウィット)

ビットコインの子分格であるライトコインが、世界初のSegWit(セグウィット)にロックオンの状態です。

SegWit LTC

ライトコインのSegwit支持率状況はこちらで確認できます。

ライトコインのSegwit支持率

マイナー達による支持率が75パーセントに達したので、これでもうSegWit確定のはず。

それに応じて、ライトコインの価格もまた高騰中です。

20170424LTC

ライトコインはセグウィットが実施されるとしたら1,400円くらいまでは上がるという噂がありましたが、ライトコイン取引が行えるコインチェックでは1,750円までつけてきましたから、かなりの反応ですね。

実際にSegwitへ移行した場合には、それ以降も上がるのかそれとも頭打ちなのかはなんとも言えませんが、このままトラブルなくセグウィットへ移行できたら、ビットコインの支持率には影響があるのではないかと思われます。

今現在、ビットコインのほうのマイナー支持率はアンリミテッドとセグウィットがどちらも34~40パーセントをうろうろしています。

SegWit BTC20170424

ビットコインのSegwit支持率状況はこちらで確認できます。

ビットコインのSegwit支持率

少し前まではアンリミテッドが先行していましたが、少しづつセグウィットが追い上げてきているようです。

セグウィットに移行すると、マイニング報酬が単純に少なくなるという見方から、とうぜんながらマイナーさんたちはSegWitしてほしくないのでしょうね。

とはいえ、セグウィットに移行したら理論上は更にビットコイン送金手数料は今よりも少なくなって、処理速度も上がるというのですから、たぶん利用者がもっと増えるのではないかと思います。

やっぱり利用者にとって利便性が上がるのはありがたいですよね。

ビットコインは、アルトコインであるライトコインとは違ってマイナーの支持率が95パーセントにならないと移行されないということなので、まだまだ先かもしれません。

でも、もしかしたらライトコインのSegWit成功が成し得たら、あるいは加速するかもしれませんね。これからの動向が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です