プエルトリコ破産の影響で仮想通貨が高騰

連日、ビットコインやイーサリアム・リップル・ライトコインの高騰の速報がスマホに流れてきています。モナー・ライトコインがセグウィット移行を成したので、まぁ当然かなと思っていました。

今日いちの急騰を見せているリップルは、東京三菱UFJ銀行を含めた国内56銀行がリップルを使った国内送金実験に参加表明を行ったことが最近の高騰の直接の原因でしょう。

それにしても特に今日は高騰が激しいなと思っていたら、プエルトリコ破産のニュースがあったので、この影響もあるのかもしれませんね。

プエルトリコ破綻ニュース

金融不安的なニュースが出ると仮想通貨は上がるというのはもう定番です。

現時点でビットコインは5パーセントでライトコインは23パーセント、リップルに至っては31パーセントも高騰となっていて、なかなか衝撃的な状況です。

ビットコイン以外の仮想通貨の確認や取引は、コインチェックで行うことができますし、スマホにアプリをインストールしておくと高騰や急落の速報が流れてくるので、便利です。

3月13日に紹介したイーサリアムは、ついさっき1万円を付けたので、当時から比べると約3倍超えしてきたわけなんですよね。

3月13日のイーサリアム高騰の記事

急騰をきっかけとした、大きな上昇トレンドが出た時には、その後も大きく動く可能性が高いですから、コインチェックのほうでビットコイン以外の仮想通貨もチェックしてみると面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です